家族愛!「重力ピエロ」の紹介と読んだ感想

おはようからこんばんは!オモナガです。

この記事では、2006年7月1日に新潮文庫から

発行された「重力ピエロ」の紹介と読んでみた

感想や評価を、なるべくネタバレしない範囲で伝えて

いきたいと思います!よろしくどうぞ(^^)/

作家の伊坂幸太郎さんについて

1971年千葉県生まれで、東北大学法学部卒業。

2000年『オーデュポンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。

2004年に『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞を受賞。

同年『死神の精度』で日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。

2008年『ゴールデンスランバー』で本屋大賞山本周五郎賞を受賞。

主な登場人物の紹介

泉水(いずみ)

春の2歳年上の兄貴で本作の主人公。

遺伝子関係の仕事をしている。春とは半分血が繋がっていない。

絵が上手で整った顔立ちをしている。異性にモテるがあまり興味がない。

高校卒業後、壁の落書き(グラフィティアート)を消す仕事を始める。

元一般的な公務員。

胃がんが見つかって入院をしている。

元ファッションモデル。

若くして病気で亡くなった。

黒澤

泥棒兼探偵をしている。

泉水から捜査の依頼を頼まれる事になる。

夏子

春の同級生。春に一方的な片想いをして、

一時期はストーカーをしていた。

あらすじ

兄は泉水、二つ年下の弟は春、公務員で働く優しい父、

モデルをやっていた美しい母。この4人家族には、

過去に悲しい出来事があった。その苦しい記憶を抱えて

兄弟が大人になった頃に事件が始まった。連続放火と、

火事と関連がありそうなグラフィティアートが描かれ始めた。

そして、このグラフィティアートと遺伝子のルールは奇妙にリンクした!

この謎を知るために乗り出した兄の泉水が遂に直面する真実とは!?

感想

過去の悲しい出来事は春に大きく関わっているのですが、

序盤からその話が出てきたのは、個人的には

驚きました!大きい秘密って中盤とか終盤に分かる

パターンが多い気がしたんですよね。しかし、

放火とグラフィティアートの関連性はなかなか

掴めなかったので、最後にいくつもの謎が解けて

1つに繋がる感じでした!面白く読めました(´∀`)

評価

「重力ピエロ」を読んだ私の評価は、

独自の項目で★★★★★満点で書いて行きたいと思います。

「家族の絆」★★★★★

「夏子の魅力」★★★★☆

「グラフィティアート」★★★★☆

です!それぞれ説明していきます。

「家族の絆」

「家族の絆」に★★★★★です。

家族の子供の頃の話では、苦い経験をしながらも

家族としてまとまっている様子がわかって、

個人的には強い絆だと感じました。特に個性的ではない

父親の発言が一々かっこよかったですね(笑)

「夏子の魅力」

「夏子の魅力」に★★★★☆です。

出番が以外と多いヒロイン的なストーカー

だと個人的には感じました(笑)一時、泉水家族とは

距離を置いていたのですが、衝撃的な形で登場するんですね!

すごい印象的な人物でした(^^)

「グラフィティアート」

「グラフィティアート」に★★★★☆です。

グラフィティアートとは壁とかに描かれた落書き

みたいなものですね。本作のグラフィティアートには、

重要な言葉が散りばめられているので、文字を覚えておくと

先に謎が解けるかもしれない!と個人的には感じました!

因みに、私は最後までわからなくて、最後は衝撃でした(笑)

まとめ

私が読んだ「重力ピエロ」まとめ

  • 作家の伊坂幸太郎さんについて
  • 主な登場人物の紹介
  • あらすじ
  • 感想
  • 評価
  • まとめ

「重力ピエロ」は2009年5月に映画化

されてるんですね!春役が岡田将生君だったのは

印象的に近いと感じました!映画も面白いので、

興味を持って頂けたら幸いです(^^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする